Skip to content

リースでコピー機も機動的な運用をしましょう

仕事場では高性能なコピー機のニーズは非常に高いものがあります。

下手に安い機種を買ってしまうと、印刷速度が遅かったり、解像度が悪かったりあるいはすぐに紙詰まりを起こしたりインク漏れが発生したりと、様々なトラブルに見舞われて仕事に支障をきたすという最悪の事態も生じかねません。コピー機を同じ部署に複数持っているというような場合は別でしょうが、そうした例はよほど規模の大きなところでないとないでしょう。

一台壊れれば致命的な事態になりかねないので、コピー機は高性能で稼働率もよいものを揃えたいですね。しかし、業務用コピー機はかなり高価な買い物でもあります。それなりの機能を備えたものならば、100万円を超える機種もざらにありますので、おいそれと購入するわけにはいきません。そんな時こそ、リースを利用するのをおすすめします。リースにはなんとなく割高なイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、高級機種にリースを適用する場合には、費用を支払ったとしても余りあるほどの利点があります。

まず第一に、多額の費用を初年度に計上する必要がありません。また資産計上も不要ですので、キャッシュフローへの影響を最小限に抑えられます。そして契約期間が終了した場合には返却しさえすれば、産業廃棄物処理など面倒な手続きは一切不要なのです。長期で使い続けるのであれば購入した方が安いとお考えかもしれませんが、技術は日進月歩であり、5年程度で新機種に入れ替えたほうが効率的な面が大きいでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *