Skip to content

業務用コピー機はリースが基本です

企業内においては、まだまだ紙の書類の需要は高いです。

そのため、高品質で故障の少ない業務用コピー機も常に新型機種が開発販売されています。業務用コピー機の特徴としては、コピーに特化していることの他、高速印刷に対応出来る様々な機能を持っている点や、大容量のトナーカートリッジを搭載していてコストパフォーマンスに優れている点などが挙げられます。とはいえ、家庭用のものとは違って基になる機械本体のお値段もけた違いに高いのが普通です。

そこそこの機種でも軽自動車と変わらない位の定価がついています。こうした高価なコピー機を購入するのは、予算の面からかなりの負担となります。また、購入をしてしまうと減価償却など面倒な処理も発生します。費用負担面からも業務効率の面からもこれだけ価格の高いコピー機を導入するのに優れているのは、リース方式です。

リースであれば直接的な費用負担も年度に分けて発生するため予算も確保しやすくなりますし、資産計上する必要もありませんので面倒な会計処理もありません。また、ある程度継続してリースし続ければ、費用もある時点からぐんと安くなります。現在の機種でも充分能力的に不足がないならば、使い続けていく程お得になるのです。そしてリースにしておく最大のメリットが交換のタイミングに発生します。購入したものならば、法律に則って産業廃棄物処理をしなければいけませんが、リースなら返却するだけで済むのでずっと楽です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *