Skip to content

コピー機をリースで使用することで得られるメリット

オフィスなどでコピー機をリース契約により使用することには、その受けられるメリットが多数あります。

まずは購入をするわけではないので、万が一故障した場合でも、今までの使用してきて故障した機種を返却して、その代わりに新しい機種を用意するように求めればいいです。またランニングコストの内、インク代の特別な負担に関する用意も不要となっているケースが多いため、その費用負担もしなくて済みます。インク代などはコピー機のリース契約における費用に含まれているものですが、別途負担をしなくてよい点は大きいです。

印刷する枚数に応じた負担を求められますが、契約が終了したら設置してある機種を返却したら終わりです。また新しい契約を取り交わして改めて使用することで、コスト削減に繋がります。同じ業者にずっと依頼をしないで済むため、業者間での競争による削減のメリットもあります。購入をする場合には高額な機種の場合、固定資産として届け出る必要が生じます。

しかしながらコピー機を購入せずリース契約をしているだけであれば所有をしていませんので、この対象からは外れます。設置に関する人件費なども不要となり、事業所におけるコストカットに役立ちます。こうしたことも踏まえて業者は、毎月の契約費の中に含めて請求をしてくるものです。それでも購入して全てを自らが行うよりはその費用は安価で済みかつ時間もとられずに済むなど、受けられる多くのメリットがあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *