Skip to content

事務所のコピー機リース契約について

事務所を開設するためにコピー機を設置しなければならないが、一括で購入することが出来ないと悩んでいる経営者の方も多いでしょう。

コピー機も業務用になると一台数百万円ほどすることから、一括で購入しようとするとかなりの出費になってしまいます。リース契約すると、リース会社に分割した代金を支払うだけなので一括で数百万円の費用を用意しなくてよいので安心です。また、リース契約にすると所有権は契約した会社にあることから、固定資産税の計算をする必要がなく、毎月の分割の代金は会社の経費として処理することも可能なので税金対策をすることも可能になります。

しかし、リース契約をしているからといってコピー機の故障などに関しては対応してくれないので注意が必要です。コピー機を業務で使用していて紙詰まりやトラブルなどが発生した場合にはコピー会社に修理を依頼しなければならないことからコピー会社との保守契約などに入っておくことが大切です。

事務機器などのリース契約期間は5年と決まっていることから、5年の契約になるのですが、毎月の支払いには利率が発生しているので、一括で購入するよりかは総額の支払いが多くなってしまいます。また、5年契約の満期を迎えてしまうとコピー機は返却しなければならいないため、新たに契約をする必要があります。基本的には返却しなければならないのですが、買取りすることもできるので、会社と交渉しなければなりません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *