Skip to content

コピー機をリースにすることで資金を生み出す

多くの会社は職場に置くコピー機をリースという形で入手しています。

メリットはいろいろありますが、一番大きな利点は、導入時点でコピー機の価格に相当する資金を用意する必要がないという点でしょう。購入する場合は、その価格の支払いをまとめてすることになりますが、コピー機のリースであれば分割払いのようにすることができます。

また、メンテナンスの点でもメリットがあります。故障した場合の対応はリースの方が簡単です。トナーがなくなった場合も面倒を見てもらえます。また、コピー機は技術進歩も早く、自前で購入した物が陳腐化するともったいないという面もあります。耐用年数が切れるころには新機能満載の新製品が世の中に登場しているにもかかわらず、買い替え資金が用意できなければ、だましだまし古いものを使い続けることになるでしょう。そうなると仕事の効率が下がることになってしまいます。リースであればその心配はいりません。

ファイナンスリースの形態で契約することが多いでしょうから、会計処理は購入したのと同じような処理になります。資産計上をして減価償却費を計上することになるため、バランスシートから切り離して会社の資産が身軽になるという効果は期待できませんが、実質的に資金負担を平準化できる効果は大きいでしょう。コピー機をどうするかというのはビジネスの観点からいうと小さいことかもしれませんが、こういった小さな部分でも資金を生み出し効率化することはビジネスを成功させるには大切なことではないでしょうか。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *