Skip to content

コピー機をリースするときに知っておきたいこと

コピー機のリースにはメリットとデメリットがそれぞれいくつかあります。

メリットから見ていくと、まずコピー機を導入するときに多額の資金を用意する必要がありません。その浮いた資金を会社の運転資金に回すことができます。銀行の借り入れと比較すると、審査はかなり簡略化されているため、比較的気軽に導入することが可能です。次に、毎月のリース料を経費で処理できます。税務上認められた期間であるならば、全額が経費となります。

また購入とは違い所有権がリース会社にあるために減価償却の手続きや固定資産の支払が発生しませんので、わずらわしい事務処理を避けられ事務の合理化が促進されます。一方デメリットを考えると、リース料には本体価格のほかに金利、固定資産税、手数料、保険料等が含まれているので総支払額が現金買取よりも高額になってしまいます。その次に原則として中途解約ができません。手軽に申し込めるという反面、長期間に渡って支払いをするというリスクがあります。

途中で解約したくても月々の料金は契約が終わるまで払い続けなければなりません。またコピー機自体は自分のオフィスにありますが、その所有権はリース会社にあります。コピー機を勝手に売ってしまったりすると契約違反になってしまいますので気をつけなければいけません。コピー機を導入したいときは、以上のメリット・デメリットの両方をよく検討したうえでどのような方法を選ぶか決定する必要があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *